今日の授業のひと工夫

中学校

2023.01.04

【2年5章】
三角形を動かして調べよう

2年5章p.158の章の問題B \(\boxed{ 6 }\) では、△ABCの各辺を1辺とする正三角形を下の図のようにかき、そこにできた3つの頂点と点Aを結んでできる四角形DEAFについて考察します。

(1)の証明では、教科書に示された図をヒントに証明を進めていきます。(2)では、四角形DEAFが①ひし形、②長方形になるときの点Aの位置を考えますが、頭のなかだけで考えようとするのは難しいかもしれませんね。そこで、Dマークコンテンツをご活用いただき、実際に点Aを動かして、点Aの位置を推測していきましょう。

【今日の授業のひと工夫】【2年5章】三角形を動かして調べよう01
▲新しい数学2 p.158
【今日の授業のひと工夫】【2年5章】三角形を動かして調べよう02
▲Dマークコンテンツの画面

Dマークコンテンツでは、ドラッグすることで点Aの位置を動かすことができます。四角形DEAFはひし形や長方形になったときに、色が変わります。このときに「点Aを記録する」を選択すると、点Aの位置に赤い点が記録されます。さらに、点Aを動かして記録することをくり返すと、点Aの軌跡がわかります。点Aがどのような位置にあるときにひし形や長方形になるのかをその軌跡から考えることができます。

【今日の授業のひと工夫】【2年5章】三角形を動かして調べよう03
▲Dマークコンテンツの画面(ひし形)

授業で扱う際には、点Aを途中まで記録してどのような位置にあるか予想し、その根拠を考えて確かめていくなど、生徒が主体的に考えられるきっかけになるとよいですね。

QRコンテンツはこちら

>三角形を動かして調べよう

  • 本サイト内の二次元コードまたはURLのリンク先に掲載されているコンテンツは、教材研究の範囲内で利用することができます。当該の検定教科書を採択または購入して使用していない場合、授業や自宅等での個人学習に利用することはできません。
  • また、当該のコンテンツが掲載されているURLから遷移して、他のコンテンツを利用することはご遠慮ください。

その他のコンテンツ