今日の授業のひと工夫

小学校

2024.05.20

【1年③】
お話づくりで加法の意味理解を深めよう!

今回は1年②p.11、「おはなしづくり」の学習についてご紹介します。

前時までに児童は、問題を解くために立式したり、問題文やイラストを見て式を考えたり、式からそれに合う場面を選んだりしながら、加法の意味理解を深めてきました。
本時はそれらの学習を生かしながら、イラストを見て「\(4+3=7\)」の式になるお話をつくる活動を行っていきます。

【今日の授業のひと工夫】【1年③】お話づくりで加法の意味理解を深めよう!01
▲あたらしい さんすう1② p.11

お話をつくる活動は本時が初めてですので、あみさんの吹き出しの例を参考にしながら、考えさせていきましょう。主に、「被加数」「加数」「あわせた結果」をそれぞれ示した3つの文を意識できるとよいですね。

お話ができたら発表させ、算数ブロックを操作しながら意味を確かめます。合併と増加の両方の場面を示しながら、加法の意味理解をより深めていきましょう。この活動を通して、式は場面を簡単に表すことができることや、日常で生かせることなどをあらためて実感させたいですね。

その他のコンテンツ